「誰もが行き着くロレックス時計」に戻る
ロレックスデイトナのオーナーの声1 of 3

ROLEX DAYTONA WATCH OWNER’S VOICE



最終的にたどり着いたロレックス時計


10年ほど前にデイトジャストのサンダーバードを購入してから、
エクスプローラー、ミルガウスGV、緑サブと購入し、
中には売ってしまったのもありました。

しかし、最終的にたどり着いたロレックス時計という
感じがします。大きさ、装着感、清潔感漂う白文字盤、
どれを取っても申し分ありません。

文字盤の色は、先述の通り清潔感や爽快感で決めました。
夏が楽しみです。デイトナを買った人はなかなか売らないと
並行店のスタッフさんが言っておりましたが、
なるほどわかるような気が既にしています。

あとはどのタイミングで妻に買った報告をするか…です。
今まで持っていたものを売って購入したことにしようと思います。

購入して間もない今日この頃

このモデルの1番優れてるところ、それはやはり
サイズとデザインだと思います。さすがロレックス。
このサイズこのデザインのクロノグラフ、現行品では
他のメーカーにも無いのではないでしょうか?
それだけで買いです。

デイトナ116520白文字盤はフォーマルにも合いますし、
オイスターブレスはカジュアルにも合います。悪く言えば
中途半端なのですが、私服でも襟付きの服しか着ない
私にはちょうど良いかもしれません。
ポリッシュのベゼルとブレスは、とても綺麗で、
SSと言えども貴金属を着けているような感覚に襲われます。

休日に着けても、ついつい姿勢を正して自らの
振る舞い方を考えさせてくれる、そんな時計です。























ふと伸ばした腕に、ロレックスデイトナ116520黒文字盤
がワイシャツの袖からさりげなく出ていて、
このシチュエーションと演出は素晴らしい限りです!


ロレックスデビュー後、ロレ病に侵され黒文字盤
ロレックスデイトナにはまりました


サブを購入し、ロレックスデビューを果たしましたが、
俗に言うロレ病に侵されたようです。その後スポロレ
を購入し、クロノグラフモデルが欲しくなり、デイトナ
が目標となりました。

とくにロレックスデイトナ116520(黒、白)が欲しくて
たまりませんでした。
デイトナSSモデルの黒の文字盤とシルバーの
インダイヤルが醸し出す輝きやフォーマル感、
ベルトのピカピカ感、新バックルなど気になる点が
私の購買欲を刺激 し、理性が利かず、
どうしようもなくなりました。

結局、3年前に購入しました。王冠マークが発する
オーラは、異次元世 界の魅力に満ちています。
今回黒にしましたが、白も欲しいと
最近では、感じています。


























かっこいいの一言!
準アンティークウォッチであるロレックスデイトナ16520。
準アンティークが醸し出す雰囲気がたまりません。
この時計独自の個性が光っています。


初期型のシングルバックルがお気に入り

前から欲しかったエル・プリメロの逆6モデル。
迷いましたが店員さんの一押しで購入を決めました!
初期型のシングルバックルが本当にお気に入りです!
















DAYTONAのパトリッティ文字盤を機を逃さず購入

DAYTONAのパトリッティ文字盤を紹介されたときに購入するか否か、
正直迷いましたが、この機を逃したら次のチャンスはないと思い、
また、ロレックス の中でもDAYTONAが一番好きなので、
自分のコレクションに加えたく購入を決めました。
これからも面白い時計や情報待ってます。

非常に珍しいブラウンアイのロレックスデイトナ16520のS品番



















一説によりますと、太陽に当てない方がより
茶色が濃くなるとも言われております。
デット・ストックの個体は確かにもはや
黒に近いくらいの茶色でした。
(つまり、変色の原因は紫外線ではないということでしょうか。
謎です。)


調べてみたところ、概ね130万円~200万円で取引されており、
付属品完備で未使用に近いものですと、300万円近辺
での取引も過去にはあったようです。
このような突然変異Ref.16520には
他に、「逆さ6」や「200タキ」、「段落ち」等があります。














































大変珍しい16520エルプリメロの希少アイボリーダイアル
1990年代製造

中東の上客のために作られた世界に数本といわれる
希少アイボリーダイアル。中東?以前はオマーンが
ロレックスのお得意さまで古いシードゥエラーなども
オマーン軍のマーク入りがありました。 白
文字盤が変色したのか?元からこの色だったのか?
真相はわかりません。

いかにもロレックスらしく、考えるだけでも楽しい
魅力的なモデルです。秘密主義のロレックス社
なので何があっても不思議ではないです。





























Ref.1680赤サブ、Ref.1655、Ref.16520等、
数々のヴィンテージモデルを経て遂に念願の
手巻きデイトナのオーナーになりました!
10年前から憧れていましたが、近年値段も
下がってきたので購入を決意しました!購入出来てとても嬉しいです。


















ヴィンテージロレックスがとても好きで、
いつの日か手に入れたいと強く思っていた、
Ref.6263表記なしを手に入れる事が出来ました!
表記なしの文字盤の為、 とてもシンプルなデザイン
ですが、見れば見るほど,時間を忘れるぐらい
惹き込まれる魅力ある時計で本当にカッコイイです!!
文字盤、針、ケースの状態が大 変素晴らしく、
インダイヤルもブラウン化が進んでおり、
今後の変化もとても楽しみな時計です!


































時計マニア、ROLEXマニアなら誰でも知っている
「ROLEX COSMOGRAPH DAYTONA」です。
中でも一番人気のRef.6263です!

このモデルは、発売当初とても不人気モデルで
なかなか売れなかったためにごく少量の生産で終了
してしまったのですが、あの俳優であり、
レーサーでもあるポールニューマンが身に着けていた
ことで、ジワジワと注目を集め、
20年位前からのROLEX スポーツモデルブーム
で一気に爆発しました。

価格はうなぎのぼりで、定価は当時80万円位でしたが、
今では何百万円まで跳ね上がってしまいました。
時計を傷を つけないために鑑賞品とされる方が多いと聞きます。


















「ポールニューマン・ダイヤル」とも呼ばれている
この「デイトナエキゾチックダイヤル」は
ヴィンテージモデルの中でも特に注目される逸品です。














































次はミルガウスとグリーンサブのオーナー感想