「誰もが行き着くロレックス時計」に戻る
ロレックスデイトナのプレミア伝説

~ロレックスデイトナの進化が語るロレックスデイトナのプレミア伝説~

超発掘もの&お買い得情報・・ロレックスデイトナ116520黒文字盤2014.4月1日の日付の保証書ありのデッドストック

なぜ今、ロレックスデイトナが注目を浴びているのか。
これは、今だけ注目を浴びているのではありません。
何世代も前からロレックスデイトナはプレミア伝説を
持っているのです。

■前世代 前身モデルと言われる
プレ デイトナRef.6238

1950年代末~1960年代初期


デイトナ以前のロレックスのクロノグラフで通称
“プレデイトナ”と呼ばれています。インダイヤルが
反転色でないことと、タキメー ターがダイヤル
にプリントされているのが大きな特徴です。
ダイヤル色はブラックとシルバーがありますが、
ブラックの方は“限定3600本”などと噂されて おり、
シルバーに比べ市場では滅多にお目にかかる
ことができません。




















ムーブメンントはバルジュー社製のCal.72を改良した
Cal.72B。当時バル ジュー社製のムーブメントは
他社のクロノグラフにも採用されていました。
ロレックス社は高品質のムーブメントを改良し、
さらなる良いものを作り出すという、いわゆる
「時計製造への飽くなき追求」
がうかがえます。


















■第一世代 ロレックスデイトナ
Ref.6239とRef.6241が誕生した1963年

デイトナのファーストモデル。タキメーターを直接ベゼル
に刻むことでレーサー仕様的なイメージが強調され、
インダイヤルも反転色になり視認性が
よりアップ しました。また、プッシュボタンが
スクリューでなく防水性が僅か30Mであったため
ダイヤルに“OYSTER”の文字がありません。
そのため第一世代のデイトナは“ノンオイスター”
と呼ばれています。



Ref.6239



















































ムーブメントはRef.6238と同じCal.72Bと、
Cal.72Bが改良されたCal.722-1が混在します。                      


























Ref.6241
ロレックスデイトナポールニューマン

■第二世代 ロレックスデイトナ
Ref.6262(ステンレスベゼル)、
Ref.6264(プラスチックベゼル)

1963年代頃後半~1970年頃

ムーブメントでは、Cal.727が採用され性能がアップ。
このモデル自体はノンオイスターであったために
短期間で生産中止
になりました。手巻きデイトナで
60~70年代に製造されていものには
エキゾチック(ポールニューマン)と呼ばれるダイヤル
も存在しました。
スモールセコンドが通常 20-40-60と
数字が分かれているのに対し、
15-30-45-60と分かれているのが大きな特徴です。



























Ref.6262
ロレックスデイトナポールニューマン





























当時は不人気であったため製造数は極めて少なく、
現在では激レアアイテムとして高値で取引
されています。

Ref.6264
ロレックスデイトナポールニューマンパンダ





























■第三世代 ロレックスデイトナ
Ref.6265(ステンレスベゼル)、
Ref.6263(プラスチックベゼル)1972年頃~1988年


手巻きデイトナの最終型。プッシュボタンがねじ込みスクリューになり
防水性が30Mから50Mへとアップ。デイトナで初めて“OYSTER”
の文字がプ リントされました。
そのため“手巻きオイスター”
などと呼ばれています。これらはアンティークロレックス
の中で最も人気の高いモデルです。また、手巻きデ イトナ
の生産終了とともに、耐久性の問題からプラスチックベゼル
仕様のデイトナも生産中止となりました。ムーブメントは
第2世代と同じCal.727。キフウルトラフレックス機構という
耐震装置が搭載され、テンプは周辺部に付いた
マイクロステラスクリューで歩度が調整
されました。
振動数は毎時21600 振動と手巻きデイトナのムーブメントで
一番高性能です。

■第四世代 ロレックスデイトナ
Ref.16520
1988年~2000年


ゼニス社のクロノグラフ用自動巻きムーブメント、
“エルプリメロ”を改良したRef.4030を搭載し、
ロレックス初の自動巻きクロノグラフとなりまし た。
振動数は毎時28800とハイビート化。
風防はサファイヤクリスタル仕様で傷が付きにくくなり、
リューズはトリプルロックの採用で防水性が100Mと2 倍にアップ、
またベゼルもダイヤルも手巻きデイトナとは大きく異なったデザイン
となり、リューズガードも装備。中身も見た目もフルモデルチェンジ
しまし た
。このモデルより素材やダイヤルのバリエーションが増えた
ことも特徴の一つと言えるでしょう。生産は中止していますが
今でも人気が衰えておりません。

■第五世代 ロレックスデイトナ
Ref.116520。2000年~現在


ロレックスの現行デイトナ。ロレックス初の
自社開発自動巻きクロノグラフムーブメント、Cal.4130を搭載
してい ます。それによりパワーリザーブが52時間から72時間へ
と大幅にアップ
ハック機能も搭載。また、スモールセコンドと
12時間積算計の位置が入れ替わっ ています
。また、
資産価値が 高く、ステンレスモデルは年々上昇傾向にあります。

超発掘もの&お買い得情報・・ロレックスデイトナ116520黒文字盤2014.4月1日の日付の保証書ありのデッドストック


ロレックスデイトナの数々の伝説を目の当たりに見ているから、
今回のバーゼルワールドでのロレックスデイトナの
モデルチェンジには期待が多きかったのだと思います。
過去のデータから見ると

手巻きは何年までは定価で販売されていたという
事実があります。

初の自動巻きモデルロレックスデイトナRef.16520では
UA品番では160万円超え、P品番では
過去最高の200万円超えも起こりました。

買っちゃいました。
時計好きには圧倒的な人気を誇るデイトナ、時計ファン
でなくとも一度は耳にした事があるのではないでしょうか。
中古としてのリセールバリューが高く、平均換金率は70%
にまで及びます。バイヤーに根強い人気を誇るデイトナ。
モデルによっては、買取価格差が数十万円と出ることも
少なくありません。

現行品か旧モデルか?は意見が分かれると思いますが、
個人的には旧より現行モデルの方が安く買えると思います。
よって現行モデル
また、デイトナは流通が安定していないので正規店では
基本的に予約出来ません。出来る店があった場合でも
何年も待たされます。時間がかかる・・・と言うよりは
買える保障は正規店では無いと思った方が良いです。
買えれば定価販売なので、これが一番安く安全ですが・・・
現実的には並行輸入店などで少しプレミアがついた
価格で買う事になると思います。
購入方法についてはご自分が納得出来る方法で検討して下さい。

AとPの違い

ロレックスデイトナ16520 A番シリアル(ロレックスデイトナ16520
 A番シリアルとは1998年~1999年製造のロレックスデイトナ
16520モデルである事を意味しています)。
言わずと知れたロレックスのフラグシップモデルの一つデイトナ。
その歴史は、前身モデルと言われている
プレ デイトナref.6238から始まり、アンティークロレックス市場
で常に高い人気を誇っているref.6263,ref.6265から始まり、
第一世代ロ レックスデイトナと呼ばれている
ref.6239とref.6241が1963年位から誕生した
ところから始まります。このロレックスデイトナ16520  
A番は第4世代に当たるデイトナモデルとなっており、
ロレックス社製自動巻きムーブメントcal.4030を搭載する
ことによって、人気が再燃した腕時 計モデルでもあります。


欲しい腕時計ランキング等では常に上位ランクインされ、
ロレックスシリーズの中でも随一の人気を誇るデイトナ。

ロレックス・デイトナのルーツは、1950年、今のデイトナの
前身となったロレックス オイスター・クロノグラフが
生まれた所から始まります。その後の1959年、
アメリカ/フロリダ州マイアミに「デイトナ・インターナショナル・
スピード ウェイ」にて公式時計に採用されたことが、
ロレックス・デイトナの誕生・名前の由来なりました。

時速を図るタキメーターが付いているのもこういった
理由からと言われています。

現在のデイトナの原型は、1961年に発表された
「コスモグラフ」です。当初は手巻きでしたが、
その後自動巻きに改良もされたりと、機能面では防水性アップ、
ファッション面ではサファイアクリスタルを追加したりと
次々に進化をさせていきます。

もちろん最新のロレックス・デイトナも非常に人気がありますが、
進化の途中にあった、アンティーク・デイトナも相当の人気があり、
世界の有力オークションでも常連の時計です。
希少モデルは数千万円規模で取引されることもああり、
世界の時計ファンを魅了し続けています。

デイトナの目盛り入りベゼルは、予め設定された距離での
経過時間を測定する事で速度を測るタキメーターとしても
使う事が可能です。

コスモグラフ デイトナは、耐久レースに出場するドライバー
用の究極の計測ツールとして考案され、
400ユニット/時(1ユニットはキロメートルまたはマイルなどの単位)
までのスピードを計測するのに最適な器具である。

センターセコンドが1/8秒の精確さで秒を示す一方、
9時と3時位置にある2つのカウンターでは、それぞれ時、
分を読み取ることができるため、ドライバーは経過時間を
正確に認識し、勝利のためにまさにどのようにレースを
進めるべきか決定することができます。

外観も内部も美しくデザインされたコスモグラフ デイトナは、
時計製造技術における傑作であると言えます。
コスモグラフ デイトナのために2000年に開発、
組立が行われたクロノグラフムーブメント キャリバー4130には、
標準的なクロノグラフに比べ、わずか290個という少ない
部品が使用され、シンプルな美を呈しています。

また、 72時間のパワーリザーブ(ストップウォッチが使用
される場合には66時間)を誇り、ロレックスが独自開発した
磁気の影響を受けない合金によるブルー・パ ラクロムの
ヒゲゼンマイを装備。このパラクロムによるヒゲゼンマイは、
従来の10倍もの耐震性を誇るという機能性を持つ。

コスモグラフ デイトナのクロノグラフのスタート、ストップ、
リセットを司るボタンを押したときに耳にするカチッという
クリック音にもこだわりが隠されています。この音を明瞭
にするために、ロレックスの技術者たちは、
最新テクノロジーを駆使して開発。

その結果、信頼性のあるストップウォッチ機能のみならず、
カーレースの計測であれ経過時間の計測であれ、
この最高のタイムピースを身に着ける人にはお馴染み
のクリアなクリック音が得られたのだ。

このように、シンプルでベーシックな外観ながら、
緻密で最高級の技術力を駆使した機能性、周囲を圧倒する
存在感がデイトナならではの魅力といえます

ロレックス・デイトナ Ref.6265 1960~80年代後期に掛けて発売されていたモデル。
ねじ込み式プッシュボタンが搭載され、
防水性能がそれまでの30Mから50Mにアップされ、
デイトナとしては初めて"OYSTER"の表記がされたモデル。
ロレックス・デイトナ Ref.6264 1960年代後期に登場した「Ref.6264」。
入手困難な稀少品番モデル。Ref.6262の
プラスチックベゼル版。ベゼルの材質の違い
のみでRef.6262と基本的に同じスペックです。
ロレックス・デイトナ Ref.6263 1960~70年代後期に掛けて発売されていた、
プラスチックベゼルで有名な手巻きデイトナ
の最終型。防水性能を初めて装備したモデルです。
アンティークの中でもRef.6265と肩を並べ、
特に人気の高いモデルです。
ロレックス・デイトナ Ref.6262 1988年まで使用され続けた、傑作ムーブメント「cal.727」
を搭載したモデル。中でも、エキゾチックダイヤルを
搭載したものを、オスカー俳優である、
ポール・ニューマンが愛用していたことにちなみ、
ポール・ニューマンモデルと呼んでいます。
ロレックス・デイトナ Ref.6241 独特な素材感で人気を集める、「Ref.6239」と
同じ頃に発表されたモデルが「Ref.6241」。
「Ref.6239」との遣いはベゼルがプラスティック製
タキメーターということ。
ロレックス・デイトナ Ref.6239 1950年代末~60年代後半に掛けて発売されていた
、記念すべきデイトナのファーストのモデル。
インダイヤルやベゼルに刻まれたタキメーター等、
現行モデルのデイトナにも受け継がれている
箇所が随処に見てとれるモデルです。
ロレックス・デイトナ Ref.6238 1950年代に誕生した、デイトナのルーツとなる
ロレックスクロノグラフ。全てのロレックスデイトナ
の歴史はこのモデルから始まりました。
ロレックス・デイトナ Ref.3055 ケース径が役33mmと小型のため「ベビークロノ」
という俗称で呼ばれている。この時代は小型の
クロノグラフが多く見られたが、ベビークロノは
そのなかでも最高クラスの精度を誇っていました。

1959年にデイトナというモデル名が誕生しました。
名前は24時間耐久のカーレースで有名な、デイトナ・インターナショナル
・スピードウェイから付けられたと言われています。
やがて1960年代になり、デイトナは市場に流通し始めます。
1961年にはデイトナファー ストモデルとも言われている

Ref.6239が登場します。ベゼルにタキメータを直接刻み、
レーシングイメージが強いモデルとして発表され、
それ以前のク ロノグラフに比べると視認性も飛躍的にアップしました。
1960年代後半になると、ムーブメントCal.727を搭載した
Ref.6262が登場します。 このモデルはリューズがノンスクリューの為、
文字盤にオイスターの記載がなく、防水性能は生活防水
の30mと日常使いには少し不向きな時計だったようで す。

このモデル以外にも、手巻きノンオイスターには様々な
リファレンスナンバーの時計が存在します。デイトナ初期の
プラスチックベゼルである、Ref.6241、そして名機Cal.722を
搭載したRef.6264などが存在します。
1970年代に入ると、今でも非常に人気の高いRef.6265が
登場します。今までのモデルと大きな変更がある箇所は、
プッシュボタンにねじ込み式のス クリューダウンが採用され、
50m防水を実現したということです。このことにより、
文字盤に初めてOYSTERの文字が記載され、
より実用時計の高いモデ ルとなったのです。

手巻きオイスターで一番人気があるモデルと言えば、
ベゼルがプラスチック製のRef.6263です。
文字盤色はRef.6265同様に ブラックとシルバーが存在し、
その中でも非常にレアとされているエキゾチックダイヤルも
存在します。エキゾチックダイヤルを搭載しているモデルは、
ポール ニューマンモデルとも呼ばれ、スモールセコンドの
表示が通常の20-40-60ではなく、15-30-45-60と記載され
ています。

現在では、超高額で 取引されているプレミアモデルですが、
発売当時の人気は殆どなく数が非常に少ないモデル
でもあります。これらの手巻きデイトナは1980年代後半まで
製造され、1988年に自動巻きムーブメント搭載した
Ref.16520が登場します。
このモデルのムーブメントは、ゼニス社製のエル・プリメロを
リファインしたCal.4030で、非常に高性能なムーブメントと
言える1つです。またさらな る改良点もあり、
風防がサファイヤクリスタルになったことや、
トリプロックリューズなどの採用で、防水性も今までの倍の
100mとなったのです。やがて Ref.16520は2000年のミレニアム
と共に生産が終了となりました。

今でも最終品番とされているP品番は、年代が新しいため
デッドストックで残っ ていることもあり、非常に高額な
プレミア価格が付けられています。
Ref.16520の生産が終了して現在も生産されているのが、
Ref.116520です。このモデルから、ロレックス念願の
自社製ムーブメント Cal.4130が搭載されています。
このムーブメントにより、ハック機能が追加され
パワーリザーブ機能も大幅に向上しました。見た目も
高級感が増し、今 やロレックスの中で、一番人気モデル
へと言っても過言ではないでしょう。