「誰もが行き着くロレックス時計」に戻る
ロレックスの魅力とは・・・
購入する人が断然多いわけは



①実用的な安心感と、あとは平行品でも
きちんとメンテしてくれるところ

ブライトリングやフランクミュラーは平行品を自社製品
と認めないところがあるようです。しかもデイトナを所有
してますが、ガンガン使えるという意味では秀逸
なのかも知れません。

なので、パテック所有の方も普段の生活では
ロレックスを使っているというのが現状です。

②ロレックスの魅力は名前(ネームバリュー)、
要するに知名度が高いところ

元々は、オイスターケースの実用化やパーペチュアル機構、
デイトジャスト機構の発明、ダイバーズウォッチの確立、
対磁気のミルガウスなどで知名度を上げ、
時計好きではない人でさえもが知るよう
になったからではないでしょうか。

また、普通では各国のGDPに合わせ値段を操作するのですが、
ロレックスはネームバリューを維持するために
全世界で共通の値段にしてあると英文で読んだことがあります。
したがって、世界的に見てもロレックスは富の象徴に成りえるのです。

③デザイン性に富んでいて、ビジネスやカジュアル
シーンに合わせやすいところ

ファッション性に富み飽きのないデザインで、
特にスポーティーモデルはいろいろなシーンにしっかりマッチします。

④今の時計の原型だから(自論)
ロレックスの3大発明が有名ですが、特にオイスターケース
(金属の塊をくりぬいて作った完全防水のケース)と
デイトジャスト(24時に「カチッ」と日付変更が目と耳
で確認できる機能)にはインパクトが強く、
ROLEXの虜になってしまったようです。

⑤機能美、繊細美、仕事や生活との
調和美、どれ一つとっても劣らないところ

本当に細かいところまで使う人の立場に立って製品が
作ってあるところに感動しました。たとえば、デイトナの
文字盤やスモールセコンドの視認性が高く、文字盤
では1/5秒ごとに正確に刻み込まれています。

ルーペで
観ても美しいです。また、ジャストフィット(ケースとブレスを
つなぐところ)にも進化が見られ、機能性を常に
追求していることがわかります。

⑥換金性が高いこと
車で言うならベンツみたいなもので高いけど何で必要以上に
高いのかはいざとなるとお金にすぐ変えられるからです。
たとえ何千万もする時計や宝石をちりばめて派手なものでも
数が流通していなければそれだけニーズが低いと言うことです。

誰でも知っていて値段も簡単に調べることができるのが
ロレックスの特徴です。
実際にロレックスなら同じ値段の他の時計よりも高く買
われます。これが真実です。


⑦投資として購入する人が多い(自論)
スポーティーモデルでSSのものは必ず購入額よりも上がる
たとえば、わたしの例でお話をすると、16520のデイトナ
A品番を127円で購入し、ROLEX専門店で145万で
買い取っていただきました。(リーマンショックの前)

このようにいつ購入して、いつ手放すかです。これは、
FXのように貯えた富が一瞬にして紙屑になることもありません。
ROLEXだからこそ価格が安定し、為替の上昇に従い
上昇もするのです。

⑧時計の雑誌に必ず話題にのぼるところ(話題性)
ROLEXの雑誌が連載して出ているのをみても話題性
がうかがえます。今後のROLEXの動きに注目という
ところが素敵ですね!!

⑨パッテック フィリップやブレゲよりも
かなりお買い得なところ

時計の老舗メーカーであるパッテックやブレゲは、
時計の機構にも独自のこだわりがあり、非常に高価
なものは高価です。スイス三大高級時計メーカーと
比べてはいけませんね。

ですが、ROLEXはお求めやすく、
ROLEXにも時計の機構にこだわりがみられデイトナの
ムーブメントではバルジュー72からエルプリメロを経て、
キャリバー4030に到達しました。また、ROLEX
3大発明により知名度と実用性(自動巻き、防水性、
一生もの・・オーバーホールでは世界各地に配置)
を世界に轟かせました。

⑩いろいろな時計を付けても最終的には
ROLEXに戻るところ(自論)

ROLEX(デイトナ、エクスプローラー、デイジャスト
金無垢レディーもの・・オークションにて購入、
サンダーバード)以外に、ロジェデュブイのアクアマーレ、
パネライ レガッタ2003、ガガ ミラノ、ポルシェ デザイン、

パテック フィリップのアンティーク(オークションで購入)、
バセロン コンスタンチンのアンティーク(オークションで購入)、
ジェラルド ジェンタのムーンウォッチ、エルプリメロの時計
などを付けていましたが、最終的にはやっぱりRELEXの
デイトナに落ち着いてしまいました。いずれをとってみても
完璧さに脱帽というところです。

デイトナではとっかえひっかえで16520A品番、U品番、
116520ルーレット刻印、116520、8ポイント ダイヤ
付シャンペンゴールド文字盤コンビYSなど着けていました。
ですから最近の時計の変化がよくわかります。

⑪使いこなしてアンティークに
なればなるほど価値が生まれるところ

特にSS(ステンレス スチール素材)のスポーティモデル
(デイトナ、ミルガウス、エクスプローラー、GMT、
シードウェラー、サブマリーナ)のアンティークでは、
価値が沸騰しました。特に狙い目は、デイトナ16520
のA品番、P品番です。

⑫オーバーホールをすれば、一生ものであること
デイトナが一番オーバーホールが高いですが、
わたしのお気に入りのお店かめ吉では半額で対応
してくれます。アンティークでもオーバーホールには、
かなり対応しています。一生どころか何世代に
わたっても継承可能なところ魅力です。


価値のあるロレックスデイトナを探しましょう