「新着 誰もが行き着くロレックス時計」に戻る
ロレックスのメンテナンス
(オーバーホール)について

ロレックスは一生使い続けられると良く言われます。
それはいったいなぜでしょうか?

そのわけは、ROLEX社のメンテナンス(オーバーホール)
がしっかりしているからです。
ロレックスは機械式時計です。ではどうやって動いている
のかというと、自動巻きローターが腕の振りなどの微妙な
動きをしっかりとらえてゼンマイを巻き上げて動いて
からです。
(古いモデルではリューズを回してゼンマイを巻き上げる
手巻きモデルもありました。)

ちなみにフルにゼンマイを巻き上げると、エクスプローラー
(Cal.3130)やサブマリーナ(Cal.3135)は約48時間、
デイトナ(Cal.4130)だと72時間は動き続けてくれます。

ロレックスのテンプは保油能力に優れていて、5年くらいは
油が切れることがないと言われていますが、万一
切れてしまった場合には内部のパーツがどんどん
消耗していきます。

また、ケース内部に使われているシリコン製のゴムの
輪(パッキン)が劣化すると文字盤の内部に湿気が
溜まって、ムーブメントが錆びてしまうということも考
えられます。

そうなってしまわないためにオーバーホールは
3年~5年に一度しておくことが必要となります。
日本ロレックスに持っていけばOKで、ケースや
ブレスの研磨仕上げも基本料に含まれている

ため、ピカピカになって戻ってきます。ロレックスの
オーバーホール技術は評判が凄く良いです!!
私は5年後にオーバーホールに出そうと思ってます。

※追記
メンテナンス体制も、他社を圧して優れています。
日本ROLEXに限って言うなら、修理だけで数百人
の人員を抱えています。また東京都に時計学校
「東京ウォッチテクニカム」を設立して時計師を養成
しています。

そのため修理の質はかなり高い。部品
の供給も潤沢で、30年前までのものであれば基本的
には新品同様に修理できます。望むなら、すべてを
新品に変えること(ROLEXファンは「オールニュー」
と呼ぶ)も可能です。

こんな時計メーカーは、世界にROLEXしかありません。
加えて言うと、正規店で買った時計でなくても修理費は
一律同じです。ROLEXの時計であれば、すべて同じ
サービスが受けられる、というのもROLEXらしい
姿勢です。


■オーバーホールの流れ

①外観・操作性のチェック
リューズを回すと針の状態はもちろん、
内部の油の状態がわかります。
日付表示も早送りで確認します。
   ↓
②分解
単にパーツをバラすのではなく、コンディションを
詳細に確認しながら慎重に行われます。
   ↓
③パーツの洗浄
ケースやムーブメントにこびりついた古い油や
汚れを超音波洗浄機で取り除く、最も重要な工程
となります。
   ↓
④組み立て・注油
洗浄同様に重要な工程で、技術者の力量がもの
をいいます。
   ↓
⑤ケーシング・最終調整
タイムグラファーやムービングマシンなど、ハイテクが
駆使された検査機器を使って、
精度や防水性能などあらゆる角度からテスト・調整を
行います。

■オーバーホール料金

エクスプローラーⅠ(Ref.114270)
:28,000円⇒43,000円

サブマリーナ デイト(Ref.11610)
:33,000円⇒45,000円

サブマリーナ ノンデイト(Ref.14060M)
:28,000円⇒44,000円

デイトナ(Ref.116520)
:50,000円⇒60,000円

デイトジャスト(Ref.116264)
:34,000円⇒44,000円


上記は2008年4月に価格改定された
価格となっています。オーバーホールには
定期的に出すようにしましょう。