「誰もが行き着くロレックス時計」に戻る
ロレックスの歴史

1905年
ハンス・ウィルスドルフが、24歳の時にロレックスの前身
であるウィルスドルフ&デイビス社を設立

ロンドンにて時計輸入を開始。
創業者のハンス・ウィルスドルフは時計職人
ではなく、根っからのビジネスマンでした。時計業界
の革命児
とも言われています。

1908年
「ROLEX」がラ・ショードフォンで商標登録され、
時計の製造を開始。


1926年
スイス連邦著作権局にてオイスターケースの特許を取得

1927年
ねじ込みリューズをイギリスにて特許取得

1927年
ロレックスとのタイアップにより世界初の完全防水時計
ロレックスオイスタークッションを腕にはめたロンドンの
速記者メルセデス・グライツ嬢がドーバー海峡を
15時間15分かけて横断しました。

それまで腕時計は水が最大の天敵とされて
いたので、ロレックスの知名度が一気に上
がりました。


ハンス・ウィルスドルフの巧みなPR作戦が成功!!
ちなみに広告費は現代の金額に換算して1億円以上
と言われています。

1931年
ローターが360度回転する世界初の自動巻き
機構パーペチュアルを開発。

ロレックス3大発明の一つです。

1939年
オイスタークロノグラフが登場。

1945年
世界で始めてデイト表示が瞬時に変更される
カレンダー機能を持ったデイトとデイトジャスト
が登場。


1953年
エクスプローラーが登場。
ジョン・ハント率いる英国ヒマラヤ遠征隊がエベレス
ト登頂に成功したときに、エドモンド・パージバル・
ヒラリー卿がエクスプローラーを付けていたことで、
「エクスプローラーが初めて地球の頂上
に達した腕時計」として有名。

1953年
サブマリーナが登場。
当時のオイスターは50m防水であったが、サブマリーナ
は100m防水仕様。

1954年
GMTマスターが登場。
サブマリーナが200m防水にパワーアップ!!

1956年
デイデイトが登場。

1958年
ミルガウスが登場。

1960年
創業者のハンス・ウィルスドルフ80歳で死去。

1961年
オイスター・クロノグラフが登場。

1963年
スペースドゥエラーが登場。


1969年
サブマリーナに日付のついたサブマリーナデイトが登場。

1971年
シードゥエラーが登場。
ヘリウム排出バルブを搭載(ロレックス特許取得)
610m防水仕様。

1972年
エクスプローラーⅡが登場。
デイト表示+24時間計を搭載。
フランスの潜水会社「コメックス」社と技術提携

1975年
コメックスのダイバーが「シドゥエラー」着用してカナダの
ロブラドール海岸で水深1070フィート(326メートル)
の潜水に成功しました。